胃・腸不調を根本改善
専門の整体院

【漢方】岡安式整体院
表参道駅近(南青山)
 080-5480-7007
お問い合わせ

当院の内容

 

figure_section-01_01.jpg

薬が効かない慢性の不調

何処へ行っても改善しない症状
原因不明の”内臓の痛み”

頻繁に繰り返す体の痛み

長引く体全体の辛い不調


これらの大半が" 歪みによる

血流の悪さ・神経の乱れ"が原因です。

↓↓↓

 

首ねじれが引き起こす意外な症状
●頭痛・吐き気・過呼吸・車酔い
●目痛・疲れ目・結膜下(白眼)出血
●副鼻腔炎・花粉症・アレルギー性鼻炎・鼻血
●耳の痛みや炎症・耳つまり感・耳なり
●口内炎・歯が浮く・顎痛・生あくび
●息苦しい・喉の異物感・扁桃炎
●自律神経の乱れ・メンタルの不調
●上肢や下肢の痛み、しびれ・腰痛


肩~背中の歪みによる意外な症状
●どうき・(原因不明の)不整脈・胸の不快感
●咳が止まらない・息苦しい
●逆流性食道炎・胸やけ
●胃痛・膨満感
●(原因不明の)内臓痛・肋間神経痛
●自律神経の乱れ
●パニック障害 


腰ズレ・歪みによる意外な症状
●下痢症・水様便・ガス腹
●生理痛・産後不調
●残尿感・頻尿・尿もれ
●自律神経の乱れ
●(原因不明の)内臓の痛や下腹部痛
●股関節痛・鼠径部痛・坐骨神経痛
●ひざ痛・脚がつる、むくみ・足痛



↓↓↓


歪みによって流れを阻害されている
血液・神経の流れは、筋肉を緩めるだけではなかなか改善されません。
"根本の歪み"を正す事が大切なのです。



岡安式手効術とは

バキバキ捻らない押しもみ感覚矯正

◎(他にない)高度な矯正手技

◎高い即効性で根本改善の症例が多数あります

◎耳鼻喉~内科不調(自律神経の症状)~整形外科症状に対応

 

 「痛み・不調を取り去るための手技」に、即効性・根本改善を求めて考案された矯正法です。

 

骨格矯正の範囲

頭蓋骨~顔面骨・顎関節/鎖骨・肩関節~手の指骨/脊柱/肋骨/骨盤/股関節~足の指骨まで(全身対応)

◎症状とお体の状態に合わせて行います。 



 

手技の内容(他院との違い)

【違い1】独自の矯正法

長年指先の触診力を鍛えより繊細に”骨の歪みや向き”、“筋肉のよじれも矯正”し血流・神経の乱れを正します。

 

(骨の向き・ズレを戻し神経圧迫を外す)骨格矯正+(筋肉のよじれを戻し筋肉を緩める)筋肉調整の同時施術法

違い2“患部の負担軽減を図るバランス矯正”を加える事でグッと改善性が高まります。

違い3岡安式/独自矯正スタイルの拘り

〈背筋を伸ばし意識をして真っ直ぐに立って頂いた状態の時に↓〉

  ◎顔が正面を向いていない

  ◎首が横、又は前方傾いている

  ◎頭部の軸のズレ

など、そもそもの"基本"を正すのに寝た姿勢では正しい矯正は不可能です。

より正確な矯正をするために、当院では20年前から脊柱・肋骨の矯正は"座った姿勢"で行うようになりました。

↓↓↓

その結果、様々な症状の根本改善に繋がっていきました。)

 

figure_section-04-2.png




~岡安式~“整体手技”による改善ポイント

耳鼻喉~内科不調・自律神経の症状

【不調原因】
(体の歪みで)骨のズレや歪み・筋肉のねじれが原因で、神経管・リンパ管・血管によじれや引きつれが生じると、その流れは乱れます。

自律神経が乱れると…内臓の働きを司る脳からの指令が乱れ“伝達障害”が起き、内臓の動きが過剰又は低下・働きに偏りが生じます 

⇒様々な不調を引き起こす原因

リンパ液の流れが悪いと…体内に浸入した細菌などを撃退する役割機能が落ちて、自己免疫力が低下 します。

リンパ液の流れが悪い部位が(繰り返し)炎症を起こします。

 

【改善ポイント】
『自律神経の伝達障害を改善する+自己免疫力アップ』
体液の流れを整えて、本来持つ自己免疫力を取り戻し“早期回復+体質改善”へと導きます。

shibire03.jpg


 【改善効果】

■症状を引き起こす原因の部位は1ヵ所~複数のケースもあります。お体の状態に合わせてポイントをおさえて矯正する事で、“即効性”を発揮します。(重度の場合には即効性が落ちます。)

■(原因不明の)内臓痛にも改善効果を発揮します。

■そして体全体のアンバランスを正し患部が安定すると根本改善に向かいます。

 



整形外科症状…様々なこり・痛みやしびれ

【不調原因】
■骨格の歪みや骨のズレが筋肉によじれを生じさせます。それにより神経管の引きつれや圧迫で、痛みやしびれ等を引き起こします

筋肉がよじれで縮みこわばる部位は、血流が悪く疲労物質(乳酸)を溜めるため“こり・重だるさ”を生じさせます。

figure_section-01_06.jpg

 

【改善ポイント】
■体の歪みでアンバランスになり、負荷が掛かる部位に辛い症状が出ます。これらを正して筋肉の硬化をゆるめ神経管の引きつれや圧迫を外し、体液の流れを整えて症状の改善を図ります。


【改善効果】
■(揉んでも繰り返す)肩こりなど、様々なこり・痛みやしびれ等に効果を発揮します。

■持続性…仕事内容(重い物を運ぶ・1日中パソコン等)や激しいスポーツ、生活環境などお体への負荷の掛かり方によって個人差がみられます。

写真イメージ:腰の整体


岡安式の漢方手法

■人体の経穴(ツボ)のほとんどは“骨のきわ”にあります。

そのため"岡安式"は漢方医学の観点を基に“経絡と神経の流れ”を重視した、独自の矯正法です。

経穴(ツボ)を押さえながら同時に矯正することで、自己回復力がアップします。

自律神経を整え自己免疫力アップする効果を引き出します。

炎症を(繰り返す)患部にはリンパ液の流れを阻害する原因の歪みを正し、根本から症状の改善を図ります。

 



通院回数・施術・ご予約について

■早期回復のための通院ペースは5~7日に来院が理想です。(遠方の方やお体の状態に合わせて“1回に2コマ”の予約も可能です。)
■お体の状態(ご年齢・回復力・こじらせ具合・重症度・骨の動きの良し悪し)によっては回数がかかるケースもございます。
■側弯症や(過去に)大きなけがや事故の経験がある方は、回数がかかるケースもあります。
■(こちらの判断により)回復が遅い方には施術時間をやや長めに取り、尽力させて頂いております。(別途料金なし)
■お子様の場合、お体が小さく(細かな骨組みや筋肉の状態が判りにくいため)難易度が高いです。そのため小学1年生くらいのお体のお子様から、施術対象となります。
■好転反応(だるさ・眠気など)が一過性で出る方もいらっしゃいます。

★仕事の疲れや強いストレスから筋肉が緊張した様に縮み強張ると、ひずみが出来て疲労物質が蓄積され疲れや疲労感が抜けにくくなります。“何となく体調悪い方”や“毎日酷使しているお体” のメンテナンス・ケアをお勧め致します。

 



改善出来ないケース・施術不可能なケースがございます

◎(過去に)骨折・損傷・破損した部位の症状
◎矯正不可能な部位の骨のズレ・陥没・変形
◎筋肉や靭帯の亀裂・断裂・伸び、それによる症状
◎人口関節やボルトなどの埋め込みや手術内容によって
◎臓器や器官の構造に問題があったり、血管のつまり・腫瘍による症状
◎病気の種類(リウマチ・帯状疱疹・人口透析など)による症状
◎薬の副作用からくる症状など



 

figure_section-07.gif

 

プロフィール


施術者
施術担当:岡安れいこ【整体歴20年】
千葉県出身。

整体専門学校(2校)で、東洋医学と全身骨格矯正を学ぶ。
2002年に世田谷区成城で開業以来、『いくら薬を飲んでも良くならない…』『鎮痛剤が効かない…』患者さんの痛みや不調を(漢方医学の観点から)取り去る手技を追求して”岡安式”を考案。 一人一人の体質を考慮しながら根本に手が届く施術が出来ますよう、最善を尽くし精進して参ります。
30代~50代の方が多く(男性:女性=4:6)が特徴です。

 

~独りで悩まずにご相談ください~

▲ページのトップへ

 

……………………………………………………………………

 

 

2023.02.07 Tuesday