耳・鼻・喉の不調

 🌿 コメント・写真の皆様には

進呈品や割引などは

一切 行っておりません 🌿

 

 〈副鼻腔炎〉 

KIMG0545.JPG

〈矯正3回・50才〉

(副鼻腔炎の) 後鼻漏の症状 施術3回で改善、胃の不調もかなりよくなってきました

 

〈耳のつまり・尿もれ〉

KIMG0530.JPG

 〈週1で矯正4回/40代〉

耳のつまりや産後の尿もれ (3年間)が気になっていたため、施術をうけました。1ヶ月ぐらいで症状がなくなり、とても体が楽になりました。その後、1年たっても大丈夫です。(→耳のつまりは2回、プラス2回で尿もれが改善。) 

 

 〈副鼻腔炎・中耳炎〉

 KIMG0442.JPG

副鼻腔炎2回 (中耳炎1回)

副鼻腔炎で、顔全体が痛くて薬でもあまりよくならず…。先生にご相談し施術していただきました。すっと痛みが収まり、苦しんでいた鈍重感もなくなりました。中耳炎もこちらで治していただいてます!体調悪い時は先生にお願いしています。

 

 

 

 

 《他にない手技・新たな効果》

 
【耳・鼻・喉の不調

早期に根本改善へ

耳鼻喉不調の大半は"首の歪み"が根本原因です。当院の頸椎矯正は1~3回の改善症例が多数あります


施術レポート

根本改善の症例

【耳】耳の痛みや炎症/(繰り返す)中耳炎/耳周りの痛み/閉塞感(つまり感)/耳中1点の腫れた痛み/自分の声が反響する/鼻をかむと耳中で音がする/耳鳴り/突発性難聴

 

●耳鳴り(原因パターン⇒首骨のねじれ+胸鎖乳突筋のよじれ/額関節のズレ/上半身の傾き)

●耳なり・突発性難聴⇒60代中半までの根本改善される方は約7割と低めで、1~6回位と個人差があります。

 ※2年以内~日が浅い方ほど、速効性・改善率が高いです。

●耳だれ・(耳かきし過ぎの)かゆみ・重度の難聴⇒残念な事に改善効果が出せません。

 


【鼻】鼻内部の炎症や痛み/くしゃみ・鼻水・鼻づまり/副鼻腔炎/鼻中1点の腫れた痛み/鼻血/アレルギー性鼻炎/花粉症

 

●アレルギー性鼻炎・花粉症は改善ページをご覧ください。

●副鼻腔炎の矯正部位⇒首~背面/顔面矯正で鼻腔の曲がりを矯正します。

●鼻血⇒施術3回までに根本改善される方は約6割と低いですが、別の症状改善を目的とされる中 "付加価値"として受けて頂くと良いかもしれません。

 

 

【のど】

息苦しい/喉のつまり感/異物感/締め付け感/扁桃腺が腫れやすい/長引く風邪の症状/発熱しやすい/風邪を引きやすい

 

●「息苦しい」には3パターン↓あります。

首の歪みで気道が狭くなる/肺が拡がらない/横隔膜が強張り

 ※お体に合わせ首~腰まで矯正を行います。

 

 

 

◎ 「耳鳴り・突発性難聴・副鼻腔炎」などには、首~腰までの矯正が必要です。

(そのため側弯症の方の場合は回数が掛かるケースがございます。)

 

「薬が効かない…」「長年の辛い症状…」でお悩みの方は、是非お試し下さい。

 

 

岡安整体手法の特徴

 ■押しもみ感覚で【骨のズレ+筋肉よじれ】を同時施術する手技です。


◎初回の矯正直後に症状が取れる方や2~3日して解消する方も多いですが、良い状態まで矯正すると"根本改善"に向かいます

◎複数合わせ持つ様々な“こり・痛み・不調”も、ご希望に合わせて同時矯正が可能です。

ご高齢の方も安心してご利用頂いております

◎薬や電器機械の使用、医療行為や販売は一切致しません。

 
【施術担当】岡安れいこ(整体師歴20年以上)

 

 

根本改善のための重要ポイント

 【根本原因】

■首の左右・前後に対し片側が凹み反対側が膨らんだような歪みなど、様々な耳鼻科系の不調を引き起こします。
そのため根本を正す事で、症状は繰り返さなくなります。

●手指で“触診”すると(タオルを絞ったような)“骨の向きのズレや筋肉のよじれ”が確認出来ます。
●その首内部の歪みで神経管・リンパ管・血管に"引きつれやねじれ"が生じ、その流れは乱れます。

 
《神経管の影響…》耳鼻咽の機能(働き)を司る脳の指令を乱し、“伝達障害”が起きます。

⇒めまい・(気道が狭くなり)息苦しいなど、様々な不調を引き起こす原因になります。

《リンパ液の影響…》流れが悪いと体内に浸入した細菌などを撃退する役割機能が落ち、自己免疫力は低下します。

 

■歪みで強張っている部位に、緊張・ストレス・寝不足・冷えなど、更に筋肉が強く縮む要因が加わる事で症状が出やすくなります。

 


【改善効果】
■「神経の伝達障害を改善+自己免疫力アップ」 ⇒“早期回復+体質改善”を図ります。 

■睡眠の質/メンタル(イライラ・気分の落ち込みetc…)などにも、効果が期待出来ます。

 
【“炎症”の回復傾向】
■(中耳炎や副鼻腔炎など)炎症している患部は(1回の施術でも)ある程度矯正が出来ると、半日~3日の間に炎症が引いて症状が楽になられる方は多いです。
 ⇒更に重ねて良い状態まで矯正を進めると炎症もしっかり治まり、再発しにくいお体に改善します。



気をつけましょう

●うつ伏せ寝・立て肘枕・枕なしで横向き寝⇒(首を痛める寝方)

●マッサージなどで首を揉み、骨のズレ・筋肉によじれが入る。

●ストレッチ・ヨガ等で首を強くひねり過ぎ、ねじれが戻り切らない。

●パソコンなど画面が正面になく、首を捻ったままの状態⇒出来るだけ正面に設置しましょう。

●風邪で咳が出る時の姿勢により、偏った筋肉の強い縮みで首に歪みが生じる⇒くしゃみ・咳が続く時はなるべく仰向け寝がお勧めです。(横向き寝の際は、交互に寝返りをしましょう。)

 

炎症がある場合の注意点

■(例え風邪でも)首や喉などの患部とその周辺は温めてはいけません。温めると炎症が悪化し高熱や嘔吐する方もいます。
※氷水を絞ったタオルか、冷えピタがお勧めです。
 

施術について

◎長年薬を服用されている方や、幼少期からの虚弱体質の方も対象です。
◎歪みの大きさ・複雑化・動き具合により、回数が若干プラスされるケースがあります。
◎中耳炎・副鼻腔炎などは病院を併用され、「回復傾向」をご確認頂きながらのご来院がお勧めです。


改善が不可能なケース

◎美容外科・美容皮膚科の手術による後遺症
◎持病・過去の脊柱など手術内容によっては、改善又は矯正が不可能なケースもございます。
◎滲出性中耳炎でのチュービング手術をされた方

 

 

【症状の出方(一例)】◆耳の痛み…耳の奥がズキッと痛む/ジンジン痛む/寝ると圧迫される耳の表面が痛む/鼻を咬むとガチャっと言う音と一緒に痛む/耳の後ろが痛む/首の角度によって痛む◆耳つまり感…耳を手でふさがれた感じで聞こえが悪い/耳に圧がかかった感じでフワッとする◆くしゃみ…朝続けて何度もくしゃみをする/温度差でくしゃみが出る◆鼻の痛み…鼻の内部の一部が腫れて痛い/鼻の表面が痛い/鼻の奥が痛む◆鼻血…鼻を咬むと血が混じる/頻繁に出る◆副鼻腔炎…鼻を咬むと化膿した黄又は緑色が見られる/鼻の炎症による頭痛・発熱/鼻の横の頬が痛む◆扁桃腺が腫れやすい…冷えると必ず喉が腫れる/歌を唄ったり発声練習でも喉が腫れる/疲れやストレスで喉が痛む◆喉のつまり感…喉が締めつけられる感じ/圧迫されている感じ/呼吸しずらい/飲み込みずらい◆異物感…飲み込んだ時にゴロッとした感じ/突然ポリープでも出来たのかと思う異物感/スムーズに飲み込めない

 

2024.04.15 Monday