口腔内・顎の不調改善

【最先端の即効改善力】
口腔内・顎不調に平均1~3回で“根本改善”の症例多数!

★(初回でも)お辛さが瞬時又は3日以内に取れる方も多いですが、更に良い状態まで矯正すると根本から改善性が高まります。

改善症例と平均回数

◆(繰り返す)口内炎/歯が浮く/歯ぐきの腫れや痛み/(突然の)噛み合わせ不具合/口の内側をよく噛む/歯の噛みしめ/顎痛…平均1~3回
◆顎関節症/(原因不明の)歯痛…平均2~4回

写真イメージ:歯痛の写真

※(原因不明の)歯痛⇒“虫歯又は歯根下部に膿疱”など異常がないか、まずは歯科医院で診察を受けましょう。
『薬が効かない…』・『(繰り返す)長引く症状…』でお悩みの方は、是非お試し下さい!

当院の特徴

●ご高齢の方も安心なバキバキひねらないお体に優しい手法です。
●薬の使用や処方、販売や医療行為は一切致しません。

★施術担当:岡安れいこ(整体師歴20年)

(当院独自)~岡安式~漢方整体手法の特徴

■漢方医学の観点を基に経穴と神経の流れを意識して【骨格矯正+筋肉調整】を同時に施術する手法です。
自己免疫力を高めて速効改善の効果を引き出します。
“消炎効果”…口腔内や顎関節の(繰り返す)炎症原因を根本から正し、消炎効果にも速効性が高いです。

~岡安式~“根本改善”のための重要ポイント

写真イメージ:頸椎の写真

【不調原因】
■根本改善のために発見した重要点…口腔内の症状は特に“首内部のひずみ”の入り方で、様々な痛みや不調を引き起こします。

神経管・リンパ管・血管の“ねじれや引きつれ”が自己免疫力を低下させ、口腔内の粘膜を弱くします。 ⇒(繰り返す)口内炎・歯茎の腫れを引き起こします。
●首の歪みが原因で、左右の顎関節周辺や口腔内の“筋肉の引き締まり具合”にアンバランスが生じます。 ⇒歯が浮く・(突然の)噛み合わせ不具合・口の内側をよく噛む・顎痛などの症状が起きます。

【改善ポイント】
■『頸椎矯正で左右筋肉のバランス改善+自己免疫力アップ』
 =体液の流れを整えて“早期回復+体質改善”へと導きます。

【改善効果】
不調の“原因の部位”をしっかりとらえて正し、繰り返す口腔内症状や顎の不具合を根本から改善します。

●歯肉の腫れや歯の浮きには歯茎を引き締め、炎症を速効で鎮める効果があります。
●頻繁な口内炎は全く出来なくなります

■重ねて良い状態まで矯正し患部が定着すると、再発しにくいお体になります。⇒根本改善

【“顎関節症”の矯正について】
■顎関節のズレの原因パターン

◎首の歪みから起きているケース…(顎関節を触らなくても)頸椎矯正後に顎が定位置に戻ります。
(首には歪みがなく)顎関節自体がズレているケース…頭蓋骨→顔面骨→顎関節を矯正します。(※顎関節は体の中で一番小さい関節なため難易度がやや高めです。状態がよっては回数が掛かるケースがあります。)
写真イメージ:口の写真首の歪みと顎関節のズレの両方あるケース…まずは首の歪みから矯正し、左右の顎周辺の筋肉のバランスを整えてから頭蓋骨→顔面骨→顎関節を矯正します。

■注意点…矯正途中段階では固い食べ物やガムなどは避け、顎に負担が掛からないようにした方が良いです。“歯のくいしばり”にも気を付けましょう。

【質問】

【回答】

『歯が浮いて痛みもあり食事がきちんと取れなくなりました。歯科医院では「抜歯して総入れ歯にしましょう。」と言われ、まだ50代ですし悩んでいます。』

『首の歪みが引き起こしている症状ですので、(初回でも)矯正直後に歯茎が引き締まり歯の浮きが治まる方が多いです。抜歯せずに是非早めにいらして下さい。』

【質問】

【回答】

『原因不明の歯痛で疲れるとよく痛みます。』

『歯科医院で「虫歯もなく異常なし」と診断される“歯痛”のほとんどは首内部によじれがあり、ストレス・緊張・疲労などで筋肉が縮むと“歯に繋がる神経が引きつれる”ために痛みが生じます。 患者さんの中には副鼻腔炎が原因で歯痛を訴える方もいます。その場合には副鼻腔炎改善の矯正も合わせて行います。』

【質問】

【回答】

『口内炎が今6つ出来ているのですが、矯正しても大丈夫ですか?』

『口内炎が出来始めの場合、(初回でも)矯正直後に痛みが8割以上取れていると穴が大きくならずに1~2日の間にふさがります。更に良い状態まで矯正すると、口内炎は全く出来なくなります。』

【症状の出方(一例)】◆歯が浮いて痛む◆歯槽膿漏…歯ぐきが腫れて噛む時に痛む/歯磨きの時に出血する◆噛み合わせ不具合…気が付くといつもと噛み合わせが違う/食べている時に違和感がある◆口の内側をよく噛む…食べている時に片側をよく噛んでしまう◆歯の噛みしめ…日中や寝ていてよく“くいしばり”朝顎が疲れている、又は重だるい/耳下~顎に痛みがある◆(原因不明の)歯痛…疲れると歯がうずく/ズキズキ痛む/しみる痛み/噛むと歯が食い込むように痛む◆その他…寝ていて突然激しく“ガクン”と舌を噛んでしまう、又は噛みそうになる/上顎(口蓋)に線ができる