首こり・肩こり・背中の症状改善

『新しい手法・新たな効果!』
(揉んでも繰り返す)“首凝り・肩凝り・背中の凝りや痛み”に優れた改善効果と
速効性が高いです。

★初回でも(重度でない)首~背中の凝りや痛みは“矯正直後~3日以内”に取れる、もしくは半減する方が多いです。更に良い状態まで矯正すると“凝りを全く感じない”までに改善し、持続出来るようになります。

改善症例と平均回数

◆(揉んでも繰り返す)首凝り・肩凝り・重だるさ/肩が凝り過ぎて痛む/鎖骨付近の痛みや引きつれ感/背中の凝りや重だるさ…平均1~3回
◆“頭痛や吐き気を伴う”首凝りや肩凝り/背痛や引きつれ感/脇腹の痛み(肋間神経痛)…平均2~4回
◆(重度の)首~肩~背中の凝り⇒「(長年)“かなり強いマッサージを頻繁”にしないといられない」レベル…平均4~7回

イメージ:肩こり

※“重度の首・肩・背中の凝り”に改善不可能なケースがあります。⇒長年の蓄積された歪みで骨が固定化、又は酷くこじらし骨や筋肉の状態が最悪レベルで複雑化していて、本来の状態に戻す事が難しい場合。

『長引く辛い症状…』・『薬が効かない…』でお悩みの方は、是非お試し下さい!

当院の特徴

●ご高齢の方も安心なバキバキひねらないお体に優しい手法です。
●薬や電器機械の使用、医療行為や販売は一切致しません。

★施術担当:岡安れいこ(整体師歴20年)

(当院独自)~岡安式~漢方整体手法の特徴

■漢方医学の観点を基に経穴と神経の流れを意識して【骨格矯正+筋肉調整】を同時に施術する手法で、速効改善の効果を引き出します。
椎骨の向き・角度と鎖骨や肋骨のズレや歪み、筋肉のよじれを緻密に矯正して、(揉んでも繰り返す)首こり・肩こり・背中の症状を根本から改善を図ります。

~岡安式~改善のためのポイント

イメージ:頸椎

【不調原因】
■レントゲンやMRIで「異常がない」首~背中の凝りや痛みでも“触診”すると(タオルを絞ったような)“首骨のねじれや角度の違い・肋骨の歪み・筋肉のよじれ”が診られます。それにより神経管の引きつれや圧迫で、様々な凝りや痛みを引き起こします。
■整形外科症状は体全体のアンバランスから起きる症状が多いです。特に重い頭を支える首・肩はバランスが取れていないと負担が大きくなり辛さが増します。

【改善ポイント】
筋肉がよじれて縮み硬化した部位は、血流が悪く疲労物質(乳酸)を溜めるため“凝り・重だるさ”を出します。
■~岡安式~骨格矯正+筋肉調整で、体液の流れを整えて“本来の健康な状態”に戻します。そのため“揉まなくても”硬化した筋肉はゆるみます。⇒根本改善効果

イメージ:晴れやかな起床

【改善効果】
■重症の首~背中の凝りも、良い状態まで矯正し体が定着すると「揉んで欲しい」と言う思いが浮かばなくなります。またこれまでとは違って疲れにくく体調も良くなります。

●仕事で根を詰めて一時凝りを感じても、一晩寝ると復活出来るようになります。⇒自己回復力アップ効果
●(重度の場合)長年の蓄積・複雑化した歪みで矯正しきれず、凝りが緩みきらない方も中にはいます。しかし硬さは残っていても“凝りや苦しさを感じない”ところまで改善する方は多いです。

【回復傾向】
■(頭痛や吐き気を伴う重度の)首こり・肩こり…矯正1~2回目でまずは(首・肩は凝っていても)頭痛や吐き気は出なくなる方がほとんどです。→更に良い状態まで矯正を進めると、首や肩を意識せずに生活が出来るまでに改善します。

【“首・肩凝り改善後”の持続性について】
生活環境によっては持続性に個人差が見られます。通常の場合は良い状態まで歪みが取れる(完成度が高い)と改善性が高まり、優れた効き目と持続効果を実感頂けます。中には数年持続する方もいらっしゃいます。

【持続性が低い方の生活環境】(例:イメージ)
首~背中に負荷が掛かる、又は歪みが入る内容(例:イメージ)

●スポーツ(例:◎ラグビー・バレーボール⇒ぶつかる・転ぶ ◎ゴルフ⇒強いひねり)等
●楽器演奏(例:◎バイオリン⇒首を傾けて長時間の練習 ◎エレキギター⇒重いエレキを斜め掛けし体にアンバランスな負荷が掛かる ◎ドラム⇒力が入る首を激しく振る)等
●仕事内容(例:◎1日中パソコン・縫い物⇒首~腰の負荷と筋肉の硬化 ◎重い物を運ぶ⇒体に負荷が掛かる)等
●生活環境(例:◎育児⇒長時間又は脇に抱える抱っこ ◎介護⇒抱き上げる・不自然な姿勢を取り負荷が掛かる動作が多い)等

をされている方はお体の使い方によって持続性に大きく差が出るため、アドバイス致します。

★お体を酷使されている方は、時折メンテナンスをしましょう。

アドバイス

■頸椎ヘルニアがある方の注意点…体を強くひねって曲げるヨガやストレッチなどは悪化させるため危険です。ウォーキングやスクワット、水泳(左右対象の動きの“平泳ぎ”)などで体を鍛えましょう。
■持続性を高めるためにも、寝具の枕や日常の注意点があります。患者さんのお体に合わせてアドバイスをさせて頂きます。

【症状の出方(一例)】頭痛や吐き気を伴う首・肩凝り/揉んでもまた直ぐに凝る/揉まずにはいられない/凝り過ぎて痛い/マッサージを頻繁にしないといられない/首~背中が全体が凝って重だるい/鎖骨付近や胸部に凝り感がある/背痛や引きつれ感を伴う凝り/脇腹の痛み(肋間神経痛)を伴う背中の凝り