骨の不思議
【質問】『体にゆがみや骨のズレが全くない人はいますか?』
【回答】写真イメージ:『体にゆがみや骨のズレが全くない人はいますか?』生まれたばかりの赤ちゃんの頭を見るといびつな子が多い様に、体にもゆがみを持って生まれて来る人は多いです。そのほとんどは遺伝ですが、中にはお母さんの骨盤のゆがみが原因でお腹の中で居心地が悪く不自然な格好でいたり、難産で引っ張り出されるなどでゆがみが生じるケースもあります。
また幼児期に強い衝撃を体に受けたケガや転落事故などで生じたゆがみが大人になってもそのまま残っている人も多いです。そして仕事内容・趣味のスポーツ・姿勢の悪さからも体にゆがみが生じる事もあり、大なり小なり誰にでもゆがみはあると考えられます。
【質問】『体にゆがみがあると痛みは出ますか?』
【回答】ゆがみがあっても必ずしも痛みや不調が出るとは限りません。側弯症など大きなゆがみがあっても、“アンバランスの中でうまくバランスが取れている”と、症状が出ない方も多いです。イメージで言うとつみきをカーブ状にバランスを取りながら積み重ねた状態です。しかし一部のひずみが大きくなるなど何かの拍子にバランスが取れなくなると崩れます。
体も同じでねんざで足を引きずるなどがきっかけで保てていたバランスが崩れた時、あちこち体に痛みや不調が出やすくなります。(その場合には矯正でバランスを取り直す必要があります。)
【質問】『遺伝性の症状から来ている場合は改善は無理ですか?』
【回答】遺伝から来るゆがみでも矯正すれば改善します。そして長年ゆがんだ状態で癖がついていた場合でもしっかり矯正し、(人によっては定期的にケアをする事で)良い状態に癖がつき体はしっかりします。
【質問】『体質=(DNAの)遺伝からではないのですか?』
【回答】写真イメージ:『体質=(DNAの)遺伝からではないのですか?』細胞レベルで言えば確かに西洋医学的には“DNAが原因”と言う考え方が正しいのだと思います。
しかし「頭痛持ちの家系」「腰痛持ちの家系」と言う患者さん方が親子で来院して下さると、ゆがみの状態や骨の形、ズレ具合も驚くほどにそっくりなケースが多いです。顔の輪郭や後ろ姿、歩き方などが似るのも骨組みや形、ゆがみ具合も遺伝しているからだと思われます。
【質問】『体のゆがみ、骨を矯正すれば体質は変わるのですか?』
【回答】イメージ:上半身の骨格脳から伸びる神経は脊柱の中~筋肉を通り、それぞれの内臓や手・足に伸びています。血液・リンパ液が流れる筋肉のよじれや硬化があると、流れが悪くなります。
体のゆがみを戻す事は、内臓に通じる体液(血液・神経・リンパ液)の流れがスムースになるので、内臓の働きはバランスが取れて正常化します。リンパ液の流れが良くなる事で抵抗力・自己治癒力も高まるため、矯正すれば⇒自然と体質が改善します。
【質問】『子供でもゆがみ・ズレなどあるのですか?』
【回答】遺伝性からもありますが、大人以上に子供はぶつかったり転んだりケガが多いものです。ただ大人よりも体に柔軟性があるため比較的症状が出にくい傾向にあります。しかしそのひずみが大人になって柔軟性がなくなって来た頃に症状が出る人もいます。
子供でも体調が悪かったり痛みを訴える場合には、体を整えてあげる必要があります。
【質問】『固い骨がなぜゆがむのですか?』
【回答】写真イメージ:『固い骨がなぜゆがむのですか?』皆さんが持っている“骨”のイメージはテレビの画像などで観ている“乾燥したガイコツ”だと思います。しかし生きている人の骨は水分を含んでいるためカチカチではありません。大切な脳や内臓を収めているために、ぐーっと押される持続圧に(ゆがみながらも)耐えて守りますが、一瞬で加わる瞬発的な力には弱く折れる性質があります。
【質問】『骨はなぜズレるのですか?』
【回答】人の骨組みはネジやボルト、バネやセメントで止められ固まっている訳ではありません。その代わりをしているかの様に、靭帯や腱、筋肉で骨格を維持して自由自在に体を動かす事が出来ます。強い負荷がかかりズレた時は矯正が必要です。
また、靭帯の左右・前後・上下の一部が伸びてしまっていたり、切れていると骨を定位置に保つ事が出来なくなりズレて変形して行くケースがあります。足裏を棒などで強く押すなどで、足全体の靭帯の引き締まり具合にアンバランスが生じると(男性でも)外反拇趾になるなど、一部の骨がずれて行く事があります。骨をズラす様な強い力を加えるのはやめましょう。
【質問】『体を動かしているのだから、骨はいつも動いているのに矯正するのは意味があるのですか?』
【回答】静止した状態で見た時に、ズレやねじれが生じている場合、体を動かしていてもその部位はそのままズレた状態で動いています。来院する患者さんで「この動作をすると突然ズキッと痛む」「体を傾けた時だけ痛む」などは、体の使い方の角度によってネジれている部位が神経を圧迫又は引きつれが生じるためで、常に痛まないものもあります。時々出るお痛みでも矯正すれば出なくなります。
【質問】『病院の検査で異常がないと言われたのに、指で触っただけで原因が判るのですか?』
【回答】イメージ:検査病院のMRI=体を輪切り状にした時の断層写真です。内部の組織の状態を診る為には素晴らしい器械です。またCTスキャン(レントゲン)の平面写真に写るのは“骨の影”です。はみ出す事なく真っ直ぐ1列に(脊柱)骨が並んでいると、「異常なし」とされますが、列の中で1つ1つの骨の向きがあちこち向いていてもレントゲンではしっかりと写らないため、医師の判断が難しいのだと思われます。
しかし手で触れて診ると(触診)骨の向きや変形、筋肉のよじれや硬化部を確認出来ます。=これが原因不明の痛みや不調の基になっているケースが多いのです。
【質問】『矯正してもまたズレるのではないですか?』
【回答】機械の部品を取り替えて「半永久的に大丈夫です」と言うわけには残念ながらいきません。しかし体を矯正し整えた後、ゆがませないための心掛けをする事で、かなり防げる様になります。例えば「重いものを持つ時は体の中心で、膝に力を入れて持ち上げる」や「偏った体の使い方でなく左右対象に行う」などです。仕事内容や自分の体の弱点を知り、気をつける事が大切と言えます。「いつもこれをした後に具合が悪くなる」と言う点を考えてみて、どんな風に体へ負荷が掛かっているのか、どの様にすれば負担が少なくなるかを考えて行う事で、再発を抑えられるものが多いです。
来院の際「こんな時…」をお教え頂ければ、私からもアドバイスさせて頂きます。
【質問】『定期ケアをしていればずっと健康でいられますか?』
【回答】写真イメージ:『定期ケアをしていればずっと健康でいられますか?』本来、人の体は“適度な”栄養・睡眠・運動が必要です。これらのどれか一つでも欠けると、体調を崩しやすくなります。来院する患者さんの中には、体を動かしたり外出するのが嫌いな方がいます。体調が良くなく来院して下さり、どんなに施術を尽くしてもそれに頼るばかりで、家でゴロゴロしていては本来の活気ある健康な状態に改善する事は難しいのです。普段腰痛がない若い方でも、いつもよりも長い時間睡眠を取った後に腰痛が出るのは、睡眠時にじっと寝ていたため血流が悪くなり筋肉が硬化するためです。
長時間 座り仕事の方なども運動不足から痛みを訴える方もいらっしゃいますので、お仕事の合間に一日40分~60分ほどウォーキングされると良いでしょう。健康であるために…バランスの取れた体で“適度な”食事・運動・睡眠が大切なのです。
【質問】『矯正中なぜゴルフなどスポーツはしない方が良いのですか?』
【回答】長年ゆがみの癖がついていた方でも骨や筋肉を調整した後、そこに馴染ませて安定させ良い状態に癖がつくと お体がしっかりします。しかしその途中で体を強くひねったり片側の筋肉を強く使うスポーツをすると“3歩進んで1~2歩下がる”と言った戻りが出る事があります。中には全く戻りがない方もいるため「絶対ダメ!」ではありません。しかしかなり状態が悪かった方にはお休み頂く事をお勧め致します。
“車の修理”でも、調子の悪い車を修理しながら走らせる事はしません。特に人の体は部品を“取り換えればOK”と言う訳には行きません。効率良くお体が回復され、安定してからスポーツされる事をお勧めしたいです。