足の様々な症状改善

『新しい手法・新たな効果!』
どうしたら良いのか分からない“足の様々な症状”に、根本から改善を図ります。

★初回でも(重度の域でなければ)お痛みが矯正直後又は3日以内に取れる、もしくは半減する方が多いです。更に矯正を進め体のアンバランスを正す事で改善性・持続性か高まります。

改善症例と平均回数

(原因不明の)足首痛・足裏痛・踵の痛み/捻挫/足をくじきやすい/足指の痛みやしびれ/外反拇趾の痛みや炎症平均1~3回
◆足の冷え/灼熱感/マヒ感…平均2~4回

【症状の出方(一例)】歩行中にズキッっと痛む/朝起きた時床に足を着けると足裏や踵が痛い/痛くて足を引きずる/寝ていてもうずく/足首をくじきやすい/足指に針を刺したような痛み/足のマヒっぽいしびれ/靴が当たると外反拇趾が腫れて痛む/足が冷えて辛い/足裏が焼けるような灼熱感で眠れない

イメージ:足

※症状によっては病院で受診の上、ご来院下さい。

『長引く辛い症状…』・『鎮痛剤が効かない…』でお悩みの方は、是非お試し下さい!

当院の特徴

●ご高齢の方も安心なバキバキひねらないお体に優しい手法です。
●薬や電器機械の使用、医療行為や販売は一切致しません。

★施術担当:岡安れいこ(整体師歴18年)

(当院独自)~岡安式~漢方整体手法の特徴

■漢方医学の観点を基に経穴と神経の流れを意識して【骨格矯正+筋肉調整】を同時に施術する手法です。
■足の様々な症状にお体全体を見て根本原因を探り、改善を図ります
■自己治癒力を高めて速効改善の効果を引き出します。

~岡安式~改善のためのポイント

【不調原因】
■足の様々な症状を引き起こす原因にはパターンがあります。

◎足骨自体のズレ
◎腰のズレ
◎体のアンバランスによる負荷

■捻挫…軽度の捻挫でも必ずと言って良いほど(わずかでも)足骨にズレが生じます。重度の場合には骨に大きなズレと炎症や内出血を伴うケースが多いです。ズレを戻さないでいると炎症がなかなか引かずに、数ヵ月~数年痛みが続く方もいます。
■足首痛・足裏痛・踵かかとの痛み…足骨のズレ、又は腰~足にかけて延びる神経管が骨盤の歪みや腰骨のズレによって引きつれや圧迫され、(腰痛はなくても)繋がる先の“足”に症状を出します。
■冷え・灼熱感・しびれ・マヒ感・足をくじきやすい…腰の歪み又は体全体のアンバランスから足に流れる神経伝達が乱れ、症状を出します。

※椎間板ヘルニア・すべり症・圧迫骨折などが原因のケースもあり、お体の状態を診て施術致します。

【改善ポイント】
■症状を引き起こす神経管の引きつれや圧迫部位を正し、伝達の乱れと血流を整えて改善を図ります。
■体のアンバランスを正して足に掛かる重心の掛かり方を変え、患部の負担を軽減します。

【改善効果】
イメージ:足捻挫の痛みや炎症部位を早期に鎮める効果があります。足のくじき癖もなくなります
■レントゲン結果で『足の骨に“バリ”が生えている…』と言われた方の中には『朝起きた時だけ床に足がつけないほど痛む』『しばらく歩行した途中から痛む』『歩き過ぎた夜に痛む』と言うケースがあります。“軟骨の飛び出し具合”によって神経管が圧迫されて、症状が出る時と出ない時の波が出ます。 その場合、足骨の角度と腰~上半身のバランスを正して重心の掛かり方を変えると、軟骨が神経管に触れなくなり痛みが治まる方が多いです。
■外反拇趾…長年だった痛みや炎症に速効性と改善効果があります。そして(足の変形自体は改善不可能ですが)骨の増殖を食い止める事が出来ます。

★オーダーメイドの靴しか履けなかった方が市販の靴でも履けるようになる方が多いです。一度良くなるとその後(足裏マッサージなどで)骨をずらす事をしなければ、再発しない方がほとんどです。

Q&A

【質問】

【回答】

『足が何故変形するのですか?』

『“足”は石ころ状・棒状の骨で組合わさり、そのポジション・角度をしっかりと維持するために靭帯で引き締められています。 そこへ一部又は全体に骨をずらす“圧”が加わると、靭帯の引き締まり具合に偏りが生じて足が歪み、負荷が掛かる部位の骨は増殖して変形します。』

【質問】

【回答】

『脚がよく浮腫むので、足裏マッサージをしたいのですが…』

『脚の浮腫むは腰の歪みを矯正する事で、全く浮腫まなくなります。しかし1日中立ち仕事の方は脚が疲れると思います。足の“骨をずらさずに血行を良くする”ために、爪楊枝の束やブラシなどでツンツンする程度の刺激を加えるのは良いです。』

【質問】

【回答】

『土踏まずのアーチの角度を大きくした方が足に良いですか?』

イメージ:足

『“土踏まず”は二足歩行でバランスを取り様々な動きが出来るように、その人の脊柱(背骨)の弯曲に合った角度に本来なっています。そのため“必要以上に”アーチを大きくすると反って脊柱に負担が掛かり、腰痛や首痛などを起こします。』

【質問】

【回答】

『捻挫をしましたが湿布で痛みが取れたので、大丈夫ですか?』

『湿布で痛みや炎症が引いてもズレは残っています。その状態に馴染ませてしまうと体全体がアンバランスになり、捻挫をきっかけに腰痛や首痛など体調を崩される方もいます。特に数日も足を引きずるほどの捻挫をされた方は、早めに矯正した方が良いです。』